« マンスリー H30年10月号 | トップページ

2018年11月 1日

マンスリー 平成30年11月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★【後継者への自社株式の引き継ぎが無税に!】
 貴社の永続的繁栄のために、円滑な事業承継をご支援します!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 事業承継をお考えの方、必見です!
 自社株承継時の納税割合がゼロになるなどの「特例事業承継税制」が創設
され、平成35年3月31日までに認定経営革新等支援機関の指導・助言のもと
「特例承継計画(※)」を都道府県へ提出することで適用を受けることができ
ます。
 認定経営革新等支援機関の認定を受けている当事務所が、貴社の円滑な
事業承継と事業の存続・発展をご支援します。
 事業承継をお考えの方は、お早めにご相談ください!

※特例承継計画
 承継計画は会社名、先代経営者の氏名、後継者の氏名(最大3名)事業内
 容、承継時までの経営の見直し、5年間に行う承継実施内容、認定経営革
 新等支援機関等による所見などを記載したものです。

<事業承継税制の現行(一般)と特例の主な相違点>
・対象株式が100%に
・相続時の猶予対象が株式評価額の100%に
・雇用確保要件が実質撤廃に
・受贈者の範囲拡大


 詳しい内容は、当事務所の担当者にお気軽にお尋ねください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「スマート業績確認機能」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 スマート業績確認機能は、お持ちのスマートフォンやタブレットで最新の
全社業績を確認いただける機能です。

◆一つでも当てはまる場合はご利用をおすすめします
・出張が多く会社にいる時間が少ない
・スキマ時間を有効に活用したい
・普段からスマホを活用している
・気になったらすぐに確認したい

◆活用シーンのご紹介
1.出社前に売上をチェック!
 気になる数字は出社後に詳しく確認。
2.出張先で口座の残高や取引明細をチェック!
 資金の動きをリアルタイムに確認。
3.商談前に限界利益をチェック!
 得意先との交渉をスムーズに。

 詳細は、当事務所HPのトップページからご覧いただけます。ぜひ、ご覧
ください。

 また、スマート業績確認機能の利用シーンや活用事例を紹介する動画を当
事務所HPで公開中です。ぜひ、ご覧ください。


 詳しい内容は、当事務所の担当者にお気軽にお尋ねください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「部門別予算策定システム」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 部門別予算策定システムは、貴社の部門別予算をカンタンに作成できるだ
けでなく、次のような効果を得られるサービスです。

1.部門業績の比較で業績改善の打ち手が分かります
2.部門長の経営者マインドが高まります
3.公平な部門別業績評価が可能となります

 詳細は、当事務所HPのトップページからご覧いただけます。ぜひ、ご覧
ください。


 また、部門別予算策定システムの利用イメージの動画を当事務所HPで公
開中です。ぜひ、ご覧ください。


 詳しい内容は、当事務所の担当者にお気軽にお尋ねください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★【社長! 年に1度は会社の健康診断を。】
 資金繰り管理や採算管理等の、早期の経営改善をご支援します!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんな“症状”を感じたら、当事務所へご相談ください!

・ここのところ資金繰りが不安定だ。
・原因が分からないが、売上げが減少している。
・自社の状況を客観的に把握したい。
・専門家から経営に関するアドバイスが欲しい。
・金融機関との関係を強化したい。
・経営改善の進捗についてフォローアップをお願いしたい。

 健康には、病気の予防と大事になる前の早期治療が一番。
 それは会社経営も同じです。

 中小企業や小規模事業者向けの健康診断といえる「早期経営改善計画策定支
援事業」制度をご存じですか?
 この制度は、認定経営革新等支援機関として国から認定された当事務所が、
経営計画等の策定をお手伝いする国の制度です。当事務所では、当制度の活
用により、貴社の早期の経営改善と経営の見直しをご支援します!

 詳細は、当事務所HPのトップページからご覧いただけます。ぜひ、ご覧
ください。


 また、「早期経営改善計画策定支援」に取り組む姿をドラマ仕立てで紹介
した動画を当事務所HPで公開中です。ぜひ、ご覧ください。


 詳しい内容は、当事務所の担当者にお気軽にお尋ねください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「TKCシステムまいサポート」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 TKCシステムまいサポートは、TKCシステムの操作方法や設定方法に
関する貴社からのお問合せに、株式会社TKCの専門スタッフが回答する
サービスです。
 当サービスの概要やお申込み方法をご紹介した動画をご覧いただけます。
是非、ご覧ください。

◇「TKCシステムまいサポート」ご紹介動画(再生時間:2分08秒)
 https://www.tkc.jp/movie?a-BN-WQ02BQ

 なお、当サービスは、巡回監査時にお申込みいただけます。詳しい内容
は、当事務所の担当者にお尋ねください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★TKCシステムを活用して、黒字決算の実現を図りませんか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんなお悩み、ございませんか?

・もっと会計を経営に活かしたい。
・タイムリーに自社の業績を確認したい。
・金融機関との関係をもっと良くしたい。

 これらを解決する答えは、TKCシステムにあります!
 TKCシステムを活用して、黒字決算の実現を図りませんか?

 TKCシステムの立ち上げや運用支援は、当事務所が支援します。

 TKC自計化システムの活用シーンの動画を当事務所HPで公開中です。
 詳細は、当事務所HPのトップページからご覧いただけます。ぜひ、ご覧
ください。
 「黒字決算に役立つTKCシステム」


 詳しい内容は、当事務所の担当者にお気軽にお尋ねください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「TKC証憑ストレージサービス」を活用して経理事務をもっと快適にし
 ましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 TKC証憑ストレージサービスは、証憑(請求書、領収書、レシート等)
をスキャンし、電子化したデータをTKCデータセンター(TISC)に保
存できるサービスです。また、電子化したデータはTKC自計化システムと
連携し、仕訳入力を省力化できます。紙の原本は後で廃棄できるので、面倒
なファイリング作業や紙の保存場所が不要になります。

<TKC証憑ストレージサービスの7つの特長>
 1.スキャナ保存制度に完全対応
 2.ファイリングや保存場所が不要
 3.いつでもどこでもスマホでパシャリ
 4.スキャナで読み取り、仕訳入力を省力化
 5.TKCがタイムスタンプを提供
 6.スキャンしたデータをかんたん検索
 7.安全・安心のTKCデータセンター(TISC)に保存

 詳細は、当事務所HPのトップページからご覧いただけます。是非、ご覧
ください。

 詳しい内容は、当事務所の担当者にお尋ねください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★すべての事業者のみなさんに関係する消費税軽減税率制度
 開始に備えて今から準備しておくべきこと、補助金の情報をチェックしま
 しょう!
 ~消費税軽減税率制度は、平成31(2019)年10月1日から実施される予定です~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 消費税率10%への引上げと合わせてスタートする消費税軽減税率制度。
「日々の業務で気を付けるべきポイントは何か」「対応するための補助金な
ど支援策はあるか」という疑問に応える関連情報をまとめたパンフレットが
公表されています。
 軽減税率制度への対応を円滑に進めていただくために、制度概要や補助金
の情報をあらかじめご確認ください。

◇「消費税軽減税率対策に関するパンフレット」を公表します(中小企業庁)
 http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2017/170307zeiseikaisei.htm

◇小冊子「中小企業のための消費税軽減税率対策2018」(日本商工会議所)
 https://www.jcci.or.jp/sme/2018/0330172323.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★セミナー:知的財産セミナー2018
      クラウドファンディングで成功企業への初めの一歩
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 クラウドファンディング(CF)に成功したら事業はうまくいくのか?
CFのチャレンジをその後の事業にうまく役立てるためには?初歩的な疑問か
ら具体的な悩みまでセミナー&交流会で解決して頂くことをコンセプトとし
たセミナー「知的財産セミナー2018 クラウドファンディングで成功企業
への初めの一歩」が、開催されますので、ご案内いたします。

【開催概要】
 ■内容
  13時00分~15時00分 CF成功後の事業継続例、成長企業例
  15時10分~16時10分 CFの先を見据えた事業計画、知財保護
  16時10分~17時00分 交流会(無料相談会)
 ■開催会場
  弁理士会館地下1階AB会議室
 ■開催日時
  11月12日(月) 13時00分~17時00分(13時00分受付開始)
 ■参加費
  無料
 ■主催
  日本弁理士会関東支部

詳細は下記ホームページをご覧ください。

◇日本弁護士会関東支部
 http://www.jpaa-kanto.jp/chizai_seminars/tokyo20181112.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★イベント:新価値創造展2018
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新しいアイデアや技術を求める大企業・中堅企業等の研究開発、 事業企
画、マーケティング部門をはじめ、新製品やサービスの取り扱いを目指す
企業等との連携構築、共創、ビジネスマッチングを目指す展示会「新価値
創造展2018」が開催されますので、ご案内します。

【開催概要】
 ■内容
  新価値創造展は、全国の中小企業・ベンチャー企業の出展者、全国か
  ら一堂に集結する幅広い業種の来場者が、新しい出会いや情報などと
  つながり、新たな価値を生み出すビジネスマッチングイベントです。
 ■開催会場
  東京ビッグサイト東2・3ホール
 ■開催日時
  11月14日(水)~16日(金)10時00分~17時00分
 ■参加料
  無料
 ■主催
  独立行政法人 中小企業基盤整備機構

詳細は下記ホームページをご覧ください。

◇独立行政法人 中小企業基盤整備機構
 https://shinkachi-portal.smrj.go.jp/event/shinkachi2018/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★セミナー:知的財産セミナー2018
      知的財産を知り、活かすチャンスです!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「企業経営と知的財産活動」、「真似されて気付く、商標登録の重要性!」
をテーマに講師が講演します。
 また、後半には特許権などの知的財産権を利用して事業を行う方などを対
象とした日本政策金融公庫の「挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)」
について紹介するセミナー「知的財産セミナー2018 知的財産を知り、活か
すチャンスです!!」が、開催されますので、ご案内いたします。

【開催概要】
 ■内容
  13時30分~14時25分 企業経営と知的財産活動
  14時35分~15時30分 真似されて気付く、商標登録の重要性!
  15時30分~15時50分 日本公庫の資本性ローン~知財を活用した資金調達~
  16時00分~17時00分 無料相談会
 ■開催会場
  日本政策金融公庫新宿支店内 4階 東京ビジネスサポートプラザ
 ■開催日時
  11月21日(水) 13時30分~17時00分(13時00分受付開始)
 ■参加費
  無料
 ■主催
  日本弁理士会関東支部
 ■共催
  日本政策金融公庫
 ■後援
  関東経済産業局、東京商工会議所、東京都、一般社団法人発明推進協会

詳細は下記ホームページをご覧ください。

◇日本弁護士会関東支部
 http://www.jpaa-kanto.jp/chizai_seminars/tokyo20181121.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★セキュリティアクション(SECURITY ACTION)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「SECURITY ACTION」は中小企業自らが、情報セキュリティ対策に取組む
ことを自己宣言する制度です。安全・安心なIT社会を実現するために創設さ
れました。
 IT社会では、企業経営においても、IT活用による「攻め」と同時に、情報
セキュリティによる「守り」が不可欠です。身近なところから情報セキュリ
ティ対策を始めましょう!
 ※IT導入補助金の申請にあたっては、SECURITY ACTIONを宣言すること
  が必須要件となっています。

◇SECURITY ACTION セキュリティ対策自己宣言(IPA 独立行政法人 情報処
 理推進機構)
 https://www.ipa.go.jp/security/security-action/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★J-Net21特集「企業は人なり。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 企業は人なり。これは松下幸之助さんの言葉ですが、企業にとっての最大
の資産は「人」であることは、革新が進む現代においても変わることはあり
ません。どれだけ優れたビジネスモデルがあっても、優秀な人材や人材育成
の視点がなければ成功に導くことは容易ではないのです。今回の特集では、
人材育成、社員教育に関する情報をご紹介します。

◇J-Net21特集「企業は人なり。」
 (J-Net21中小企業ビジネス支援サイト)
 http://j-net21.smrj.go.jp/tokushu/2018030500.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★平成30年度「ウォームビズ」について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 環境省では平成17年度から、冬の地球温暖化対策の一つ(CO2を始めとす
る温室効果ガス排出量の削減)として、暖房時の室温20℃で心地良く過ごす
ことのできるライフスタイル「WARM BIZ」(ウォームビズ)を推進していま
す。
 今年度のウォームビズ期間は「平成30年11月1日から平成31年3月31日まで」
です。
 エネルギー全般の使い方を見直しながら、各主体が低炭素社会の構築に向
けたビジネススタイル・ライフスタイルに変革することを目指しましょう。

◇WARM BIZ(環境省)
 http://funtoshare.env.go.jp/warmbiz/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★年賀状
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「年賀」とは、日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちなどを込め、
新年にあらたまって行う挨拶です。
 昔から日本では、新しい年を迎えると目上の人のところに出向きご挨拶を
する習慣がありましたが、遠く離れて会えない人には、新しい年への思いを
込めて賀状を送りました。
 最近ではパソコンや携帯電話からEメールで年賀状を送信するケースも増
えてきましたが、送る人の事を思いながら一筆一筆心を込めて作ってみませ
んか。

◇郵便年賀.jp(日本郵便株式会社)
 http://yubin-nenga.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★税を考える週間
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「税を考える週間」とは、国税庁が毎年11月11日から17日までの期間、国
民各層により税の仕組みや目的等を考えてもらい、税務行政に対する理解及
び納税道義の高揚を図ることを目的として行っている広報・広聴週間です。

◇国税庁の取組紹介(国税庁)
 https://www.nta.go.jp/about/introduction/torikumi/week/aboutweek.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★勤労感謝の日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 勤労感謝の日(11月23日)は、国民の祝日に関する法律(祝日法)では
「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」ことを趣旨として、
1948年公布・施行の祝日法で制定されました。
 戦前の11月23日は「新嘗際」(にいなめさい)という祭日で、農作物の恵
みに感謝する日でした。しかし、勤労の意味とは肉体的な労働によって製品
を生産することだけではなく、幅広い意味をもつことから現在の勤労感謝の
日が制定されたと言われています。
 勤労の目的を再認識する日という意味がこめられているようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★特異日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 特異日とは、統計的に毎年その日には、偶然とは思えないほど多く特定の
ある気候が現れる日のことをいいます。
 11月3日は晴天になる確率が高く、「晴れの特異日」として有名です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★紅葉について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
紅葉のしくみ
 秋から冬にかけて気温が下がると、葉の根元と枝の間に壁(「離層」とい
うコルク状の組織)が作られます。これにより、葉で作られた糖分が蓄積さ
れ、そこから紅い色素が作られます。それと同時に緑の色素である葉緑素が
減っていき、葉の色が赤くなります。

赤い紅葉、黄色い黄葉
 カエデやナナカマドは、葉に蓄積された糖分を原料にしてアントシアニン
という赤い色素ができ、同時に緑色の葉緑素が減ってくるので、葉が赤く色
づきます。
 イチョウやブナなどは、紅葉の仕組みと同様にクロロフィルという葉緑素
が秋になると分解され、緑色が薄くなります。そのため、それまでは目立た
なかった黄色い色素カロチノイドにより、葉が黄色く色づきます。

紅葉がきれいになるには
 昼間は強い太陽の光、そして昼夜の温度差があるというのが条件のようで
す。葉に糖分が多いと、紅葉のための赤い色素も活発に作られます。昼間は
糖分を合成するための強い光があり、夜は木の活動を抑えるような低い温度
であると、昼間に作った糖分を消費しないため、紅葉が美しくなるというし
くみです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★立冬(りっとう)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「立冬(りっとう)」は二十四節気の一つで、11月8日頃またはこの日から
小雪までの期間をいい、冬の始まりを意味します。
 この頃は陽の光も一段と弱く、日脚も目立って短くなり、冬枯れの景色が
目立つようになります。季語には「冬立つ」「冬入る」などを用います。こ
れから約90日間が冬ですが、まだそれほど寒いわけではありませんから、冬
という実感がわかないかも知れません。
 「秋の入日は、つるべ落し(井戸水を汲み上げるのに使う桶を、井戸の中
に落とす時のように、急速に落ちることの例え)」という言葉が、しみじみ
と感じられます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★小雪(しょうせつ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「小雪(しょうせつ)」は二十四節気の一つで、11月23日頃またはこの日
から大雪までの期間をいい、冬とはいえ、まだ雪はさほど多くないという意
味です。
 この頃から西高東低の冬型の気圧配置が多くなり、北海道では根雪、関東
や東海でも初氷が見られるようになります。まさに、冬将軍が到来すると言
われる時期ですので、北の地方ではコタツを押し入れから出す家が増える頃
なのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


|

« マンスリー H30年10月号 | トップページ