« 確定申告スタート | トップページ | GWの訪問者 »

2007年2月19日

税務調査の立会い


 確定申告スタートという時期にもかかわらず、税務調査の立会いなどをしている今日この頃です。
 年明け早々、4社ほどの調査依頼の電話が税務署から立て続けに鳴り響きちょっとブルーな気分だったのですが・・・・・。

 結果は順調で、いわゆる書面添付をしている会社では2連勝で、1社は税務調査の打診があったものの、私が税務署に足を運び、質問に回答する意見徴収が行われた結果『調査省略』となり終了。

 書面添付をしているもう1社も、通常は2日間の調査について1日で終了し『申告是認(修正事項ゼロ)』となりました。

 3社目は、当事務所では関与して1回しか決算をしていないため書面添付をしていなかったものの、3日間の調査予定が2日に短縮され、最終日の講評ではお褒めの言葉をいただき、次回申告からは書面添付をされてはどうですかというお言葉までいただきました。

 書面添付というのは税理士法に基づく制度で、税務署への申告書に任意で書面を追加で添付することで、この申告書は信頼性が高いので税務調査を省略しても大丈夫といことをアピールするしくみです。

 電子申告とともに税務行政の効率化につながるものでもありますが、この制度を活用することで税務調査の負担も減り、金融機関からの信用力も高まるということでいいこと尽くめです。

 ぜひご活用してみてください。

|

« 確定申告スタート | トップページ | GWの訪問者 »